神戸のカフェ・リーロンのブログです。

Lilong Cafe Blog

日記

秋の味覚

投稿日:

いよいよ秋です。
味覚狩りにいったりお土産でいただく機会も増えます。
そこで意外と知らない人が多い保存やや調理の仕方。
今回は「栗」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな風に落ちてます。
”いが”に覆われています。
決して手で剥かず、
f5a7fc71c1d9e7c0fcd36152b2cba8b9
こうやって足で剥きましょう。
裸足やビーチサンダルでは危険です。
長靴など丈夫な靴で。
imagesCA48KRO8
こんなのがあったら栗ではないので靴で踏まないように。
持ち帰らずにあった場所にそっと置いてきましょう。
 0908-1   
そのまま焼き栗が一番ですが上手に焼くの難しいです。
しかもミサイルのように飛んできたりもします。
持って帰ったり、人から貰ったときはちゃんと処理して保存しましょう。
硬い皮に覆われているので長持ちしそうですがせいぜい3日から1週間くらいです。
*保存方法*
その1.  一晩水に浸けてから軽く煮る(お湯の温度は80度以下)
   この後乾かして冷蔵庫や冷凍庫で保存
その2.  水洗いして、乾かして、穴の開いた袋に入れてチルド室
   結露に注意です。
その3.  水洗いして水分を十分とり冷凍。又は軽く煮てから冷凍。
      使用するときは皮を剥いて圧力鍋を使うと美味しくなる。
こんな風に処理をしないとすぐに虫が発生します。
そのままにしてたり、冷蔵に入れただけなら中で、、、(想像するだけでも怖ろしい事に!)
発生してしまったら山へ返すしかありません!
硬い鬼皮を剥くときは
img30a60c9azik5zj
水に浸けておく
4976790235815
便利な道具も売ってます。
渋皮の簡単な剥き方は
その1. 栗を水から鍋で茹でる
    沸騰後1分ほど置いて火を消し、鍋のふたをしたままの状態で冷ます
    冷めたら冷凍庫に入れ、必要なときに取り出し解凍し皮を剥く
その2. 鬼皮を剥いた後,渋皮に少し切り目を入れ、
            多めの油で色が変わるまで炒める
その3. 圧力鍋で10分加熱

これで簡単に剥けます。
そのでも面倒な人は渋皮煮にしましょう。

-日記

Copyright© Lilong Cafe Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.